カートをみる マイページで会員登録 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

安納芋の原種が又雄安納芋(まったーあんのういも)

昭和24年頃、種子島の安納(あんのう)地区に農林省九州農業試験場種子島試験地がありました。

当時、塘二郎(ともじろう)さんという方がデンプン用サツマイモの開発室長として在籍していました。

塘二郎さんは、デンプンが多く取れるサツマイモの研究開発をしていたのです。

しかし、このサツマイモがデンプン用としては適していなかった為、そのまま放置されていました。

農林省九州農業試験場種子島試験地で一緒に働いていた研究員の下村又雄(しもむらまたお)さん(当時19歳)は、このサツマイモは南方から来たもので甘く美味しいとの評判を聞いていた為、いつも廃棄処分しているツル状の小指程のものを3本わけてもらって持ち帰り栽培してみました。その芋は噂どおりとても甘く美味しい芋だったのです。

その当時、サツマイモは貴重な食べ物でしたので、多くの人に食べてもらいたい一心から何年も掛って種作りに専念したのです。

下村又雄さんが、そのサツマイモを親戚にも分けてあげ、安納地区でとても甘くておいしいと評判になり、およそ20年の後には種子島全島で栽培するようになりました。

現在全国で甘くておいしいと喜ばれている安納芋は、下村又雄さんが持ち帰って栽培しなかったならば幻の安納芋になっていたのです。

安納地区で又雄安納芋(まったーあんのういも)と呼ばれ親しまれたサツマイモが、後に種子島を代表する安納芋(あんのういも)になったのです。

ちなみに原種であるマッター芋は東南アジア地方のセルラン芋で、当時の日本兵が持ち帰り福岡県にあった農事試験場を経由して農林省九州農業試験場種子島試験地に渡ったと伝えられています。

最近テレビでおなじみになった安納芋(あんのういも)は、又雄安納芋(マッターアンノウイモ)がそのルーツなのです。ぜひ一度、安納芋の原種である又雄安納芋(マッターアンノウイモ)を味わってみてください。

追伸:安納芋の原種を広めた下村又雄さんは販売者である社長日高勝人の父、日高末夫(旧姓下村)の弟で、叔父にあたる人です。

 下村又雄さん当時19歳

 (1930年9月25日生れ)

本著作物は、著作権法において保護されており著作権者である当社の許諾なしに、複製、転載など禁じられております。又、行政書士法第1条の2の規定に基づき、著作物事実証明を得ております。


安納芋(又雄安納芋)のレシピ


A、焼き芋のおいしい作り方
①石油ストーブの場合
 皮つきのまま洗った又雄安納芋をアルミホイに包んでストーブの上で30分前後焼く。
②ガスコンロの場合
 鍋の底に小石をおきアルミホイルを敷く。
 洗った(皮のまま)又雄安納芋を鍋に入れアルミホイルをかぶせる(全体を包むように)。
 大きさ(中)ならば45分前後、(小)ならば30分前後焼く。
 焼き上がったら割りばしで刺し、箸が通ればOK。
③電子レンジの場合
 新聞紙をぬらし、洗った皮つきの又雄安納芋を包み、さらにラップに包み、小(3分)中(4分)位を目安にチンする(時間は又雄安納芋の大きさに応じて変えてください)。

*石油ストーブとガスコンロの場合は又雄安納芋から蜜がでますが、電子レンジの場合は又雄安納芋から蜜がでません。

B、天ぷらの作り方
皮つきのまま洗った又雄安納芋をスライスして天ぷら粉をまぶして揚げる

C、あんの作り方
①皮つきのまま洗った又雄安納芋をふかす。
②皮をむいてから裏ごしして、お好みで砂糖を入れる

D、ふかす
皮のまま洗ってふかして食べる

E、干芋の作り方
①皮のまま洗ってからふかす
②そのまま7m/m前後にスライスして、7~10日位天日干しする。

又雄安納芋のチーズクリームリゾット

[材料 2人分]

①ご飯(冷飯) お茶碗に3杯

②又雄安納芋1本(270g)

③タマネギ1個(中)

④バター少々

⑤牛乳カップ半分

⑥チーズ大さじ2

⑦大葉1枚

⑧シイタケ5枚

⑨塩、コショウ、チキンコンソメ 各適当


作り方

1.又雄安納芋をタワシで良く洗う。

2.鍋にバターを引き具を入れる。

3.ご飯を入れる。

4.水を適当に入れ、チキンコンソメ固形を2個入れる。

5.煮えてきたら塩、コショウで調整する。

6.牛乳と、とろけるチーズを入れる。

7.ひと煮立ちさせ、最後に大葉のみじん切りを入れる。

又雄安納芋の炊き込みご飯

作り方

1.研いだお米に、塩をひとつまみ、1cm位のサイコロ状に切った皮つきの又雄安納芋を入れて炊きます。

2.最後にごま塩をふりかけて、出来上がり!

もち米を使うと”もちもち”して、さらに美味しく頂けます。

又雄安納芋の薄切り揚げ


作り方


又雄安納芋を7㎜~10㎜にスライスする。
ラップに包みレンジ(500W)で3分30秒チンする。


サラダオイル(バター)をしきフライパンで細火で揚げる。表2分裏2分きつね色になるまでが目安。


油を抜く


完成

おやつとして最適です。今の時期完熟になる前の、又雄安納芋のくりにも似た食感をお楽しみください。比較的大きめの又雄安納芋にも適しています。

又雄安納芋のかき揚げ

作り方

1.皮付きの又雄安納芋をポテトフライ状(5~7mm角位)に切ります。

2.水溶きしたてんぷら粉に、生姜のみじん切りを多めに加え、切った芋を混ぜます。

3.低温(160℃)の油で揚げます。

★ポイント★揚げたてに塩を少々ふりかけると、さらに甘さが増します。

又雄安納芋のバターしょうゆ煮


作り方

1.皮付きの又雄安納芋を一口大に切り、やわらかくなるまで煮ます。

2.串通りがよくなったら、お砂糖とおしょうゆを入れて煮からめます。

3.お皿に盛って、バターをお好みの分量のせて出来上がり!

ページトップへ